FC2ブログ

誰でも最初は・・・

恐く知らぬヒトは無いスヌーピーとチャーリーブラウン。

原題は『ピーナッツ』米国の漫画家シュルツによる作品。

私如きが云々書き連ねる事など何も無いがこんな雑誌が。

スヌーピー

日本ではコミック本が英語の勉強用に人気だった。

詩人・谷川俊太郎氏の名訳が素晴らしかったのだね。

そんな1972年頃に日本で封切りになった作品

映画「スヌーピーとチャーリーブラウン」

原題は A Boy named Charlie Brown

多感で様々な事があった時代に観た。

「知命」をとうに超えた今観てもジーンとくる。

ロッドマッケン唄う主題曲A Boy Named Charlie Brown

(Rod McKuen ロッド・マキューンが正しいらしいが)

Like the shadows of the morning,
'climb up to the August afternoon.
Charlie has a way,
Of picking up the day,
Just by walking slowly in a room.

Maybe it's a kind of magic
That only little boys can do.
But seeing Charlie smile,
Can make you stop awhile,
And get you feelin' glad you're you.

He's only a boy named Charlie,
A Boy Named Charlie Brown.
He's just the kid next door,
Perhaps a little more,
He's every kid in every town.

Well the world is full of lots of people,
Here and there and all around.
But people after all,
Start out as being small,
We're all A Boy Named Charlie Brown.


何をやってもドジばかりのチャーリーブラウン・・

そのまま、あの頃の自分に重なる。

「誰でも最初はチャーリーブラウンだよ」と云う歌詞

此の歌で暗く辛いティーンエイジャーを乗り切れた。



お馴染みのYouTubeで聴いてみて下さいませな。

LPのサントラ盤、ホントに擦り切れる程聴いた!

『ヴィニール盤は擦り切れねえよ』等と教条的なアナタ。

ファンタジーだよ!理解できる??(`へ´)フンッ。

スポンサーサイト



プロフィール

髭狸

Author:髭狸

湘南に生息する
鍵盤楽器調律師
現場有れば何処へも出没
多趣味と云う手段を駆使
音楽の伝道師を目指す!

カレンダー&アーカイブ(Tree)
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 
ザ5秒
月別アーカイブ
お気に入りのリンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
お客様総数
淡々と百人一首