FC2ブログ

映画を観よう!!

また老舗の映画館が閉まってしまう!

スキャン 2

閉館が決まっても良い作品を上映の姿勢が良いではないか

R0014918.jpg

東京ではココでしか観られない作品を観ましたよ。

スキャン

ケン・ローチ監督は救いの無いエンディングの作品が多い

が、今回は少し違う・・コメディと言えなくもないだろう。

観ながら何故かアラン・シリトーの作品の描写が浮かんだ。

ある意味救いのない下層労働者階級の現実と日常・・・

明るい希望がみえるエンディングに心暖まりながらも

厳しい現実に生きる英国と我が国の若者達の未来を思った。

作中で重要な位置を占める「ウイスキー」の話は又いつか・・

フィルム上映であったのも忘れずに記さないといけないね。

勿論作品の質と内容が記録方式で変わる訳では無いのだが

フィルム上映作品はアナログレコードを聴く心地よさに似てる。

国産映画用フィルムの生産中止の知らせは耳新しく又寂しい。

配給、上映のデジタル化が進み対応出来ない映画館は廃業する。

フィルム上映は秒間に24コマ送りだ、つまり半分は闇。

でもその闇は暖かな心地よさを含んでいるのかもしれない。

誰しも一時期、浮かんでいたアノ場所の心地よさの記憶・・・

「暗闇の芸術映画」を絶やさないようにしたいものだ。

スポンサーサイト



プロフィール

髭狸

Author:髭狸

湘南に生息する
鍵盤楽器調律師
現場有れば何処へも出没
多趣味と云う手段を駆使
音楽の伝道師を目指す!

カレンダー&アーカイブ(Tree)
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

+ アーカイブ
 
ザ5秒
月別アーカイブ
お気に入りのリンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
お客様総数
淡々と百人一首