FC2ブログ

深い識見

あのアルゲリッチが自らのレーベルを起ち上げた

スキャン 4


強靱と繊細が両立するタッチは健在でたのしめた
ショパンのコンチェルト1番でのピアニシモは流石だ
フォルテシモの轟音は正にモダンピアノの音である
個人的には状態の良いエラールかプレイエルを弾いて欲しいが・・
数年前のダン・タイ・ソンの演奏が秀逸なのを思い出す

髭狸は音楽再生は勿論、録音にも興味津々だから
録音関係雑誌にも目を通す

スキャン

毎号「プロサウンド北から南から」を面白く読むが
今号刮目に値する記事に出会った
上記のアルゲリッチの録音物を製作の山崎達朗氏の一文

「メディアに入り切れない音楽・われわれ音響家が目指す径」


山崎達朗氏の音楽と楽器に対する真摯な取り組みが伺えた

以前出会った録音屋などは
「B(ウィーンの)なんて中途半端な楽器はだめだ!」
などとのたまわっていて、識見の低さを感じたものだ
山崎氏の爪の垢を煎じて飲むと良いだろう

氏のこれからの仕事に注目していきましょう

髭狸も識見を深め、録音・再生そして本業に取り組みたい

スポンサーサイト



プロフィール

髭狸

Author:髭狸

湘南に生息する
鍵盤楽器調律師
現場有れば何処へも出没
多趣味と云う手段を駆使
音楽の伝道師を目指す!

カレンダー&アーカイブ(Tree)
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
ザ5秒
月別アーカイブ
お気に入りのリンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
お客様総数
淡々と百人一首