FC2ブログ

古参と新参

さてショパンとシューマン生誕200年記念の年
ショパン国際ピアノコンクールが開催される!
ピアノ好きならずともマスコミが注目するコンクールであるが
今さらながら目が離せないのはワケがあるのだ

全人生を賭けて参加するピアニスト達は「愛器」を持参出来ない・・
鍵盤楽器特有の事情だが、他の楽器ではアリエナイことだ!!

予選を勝ち上がった参加者達は本選で弾く楽器を選択する
コンサートホール常備品の感ありのS印・・・
ソレを追撃するわが国のY印にK印・・・
音楽の都ウィーンの名器Bは諸事情により不参加・・・

そして今回、ピアノ発祥の地「伊太利亜」から
満を持してF印の登場!
S社Y社K社ウィーンのB社が百年以上の歴史がある中
F社創立は1981年の云わば新参である
が、創始者の長年にわたるピアノへの愛情と研究により
前述の楽器とは違う魅力を持ったピアノを生み出した!
ショパンの曲だけを弾く、ある種特異なこのコンクールで
どんな魅力を発揮してくれるだろうか?




当然、コンクールはピアノメーカーの威信を賭けた「場」
であるから水面下の争いもあるだろうし
現に過去のコンクールで「起こったこと」を耳にもしたが
古参のメーカーも創始者は魅力的なピアノを生み出す
情熱に溢れ、命をかけていたのだと思う
そんな魅力のぶつかり合いを期待しようではないか!
スポンサーサイト



プロフィール

髭狸

Author:髭狸

湘南に生息する
鍵盤楽器調律師
現場有れば何処へも出没
多趣味と云う手段を駆使
音楽の伝道師を目指す!

カレンダー&アーカイブ(Tree)
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 
ザ5秒
月別アーカイブ
お気に入りのリンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
お客様総数
淡々と百人一首