FC2ブログ

コンサートのおしごと・・・

お仕事が大変であるのは世の常である
が、貴重な楽器を運搬してコンサートサービス
となると「荷」の重さが違ってくる
良い楽器は高価だし「何か」あっても替わりは無い
歴史的にも貴重な楽器は特にそうだ!
で、過日の現場・・横浜に在るお山の上の音楽堂
ホフマン
このピアノは200歳超未だ現役どころか
現代の楽器が失った「かほり」をお持ちである!!
フルイ」からイイのではない、生まれた時からイイノダ!!
名器とはそんなものだと思う・・・
チト長い階段で「ヨイショッ」と担ぎ上げ振り向くと・・・
大倉山記念館
お外の景色の綺麗なこと
って見とれてる暇もなく調律を終わらせ、リハーサル開始
今回のプログラムはドイツリート
シューベルトの「美しき水車屋の娘」
今回はバリトンで歌われた。
本来テノールが歌うがバリトンも中々味わい深い
この会場は、聴衆と一体となる雰囲気が心地よい・・
残響は豊かではないのだがアノカンジは捨て難い。
で、終演後。またアノ階段降ろしが待っている・・・
名器達・・・
で無事に楽器をお届けしてお役目完了!
体も神経も疲れるが、私はコンサート現場がスキダ!
今度は何処の現場が待ってるかな??
スポンサーサイト



プロフィール

髭狸

Author:髭狸

湘南に生息する
鍵盤楽器調律師
現場有れば何処へも出没
多趣味と云う手段を駆使
音楽の伝道師を目指す!

カレンダー&アーカイブ(Tree)
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

+ アーカイブ
 
ザ5秒
月別アーカイブ
お気に入りのリンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
お客様総数
淡々と百人一首